JOMCについて

設立趣旨

日本において、オンラインマーケットプレイスを通じた取引は、EC化率の上昇とも相まってその規模が大きく成長し、オンラインマーケットプレイスは、多くの消費者に利用されるとともに、個人や中小事業者を含む販売者にとっても、自身で独立したオンラインショッピングサイトを立ち上げることと比較してより簡便で効率的な経済活動ができる場として重要な意味を持つものとなっています。

オンラインマーケットプレイスを運営する事業者は、利用者の信頼を得るために、消費者に安心してご利用いただくために、そして健全な取引環境の維持向上のために、利用者に関連法令や規約の遵守を求めることはもちろん、出品者の本人確認、商品等のモニタリング、リスクの高い商品等へのより厳格な審査や自主的な販売禁⽌措置、不正レビュー対策など、各々の自主的努力によってさまざまな取組を重ねてきていますが、昨今、オンラインマーケットプレイスが担う役割への期待がより大きくなってきていることも踏まえ、今後も消費者に安心してご利⽤いただくために、様々な改善を重ね、消費者への積極的な情報開示を含め、より一層充実した自主的な取り組みに努めていきたいと考えています。そのために重要なことは、これまで個々に様々な自主的取組を行ってきた各オンラインマーケットプレイスを運営する事業者が、それぞれの意思により、悪質な出品者に係る傾向及び対策、紛争解決の在り方、消費者への情報提供の在り方などについて情報交換を行い、互いに学びあい、積極的に外部への情報提供を行うことで、オンラインマーケットプレイス全体の信頼性を向上させることであると考えます。また、行政とも連携することで、より一層効果的で、状況の変化に応じた柔軟な取組を行うことが期待できると考えます。

そこで、オンラインマーケットプレイスを運営する事業者による自主的取組の促進や取組の改善に資する活動、情報提供等を通じて、消費者にとってより安全・安心な取引環境の構築に貢献し、オンラインマーケットプレイスの健全な発展を促すことを目的として、ここに「オンラインマーケットプレイス協議会」を設立します。

令和2年8月
オンラインマーケットプレイス協議会
発起人一同

活動内容

  • 会員相互の情報共有および意見交換
  • 会員と行政機関・消費者団体等との情報共有および意見交換
  • オンラインマーケットプレイスにおいて生じるトラブル等の情報収集
  • オンラインマーケットプレイス運営事業者による自主的取組等に関する情報の収集および提供
  • 消費者にとって安全・安心な取引環境の構築における課題への対応策等の検討
  • 官民が協働して行う取組への協力